フライパンの失敗しない選び方について

2019年4月7日

フライパンのおすすめ選び方

フライパンを選ぶ際のポイントとは

フライパン選びで悩んでいませんか?

フライパンは用途に合わせて選ぶのが、最大のポイントです。

フライパンに使われている材質には色々あり、鉄・アルミ・銅・ステンレス・セラミックなどが挙げられます。

表面がフッ素樹脂(テフロン)で加工されているものもありますし、フッ素樹脂に大理石の粒子を混ぜてコーティングしたマーブルコートと呼ばれるフライパンもあります。

材質によってそれぞれ特徴が異なるので、フライパンを選ぶ際にはどういう料理を作ることが多いかを考えて選ぶことが大切です。

また、料理に合わせて複数のフライパンを使い分けるのか、1つのフライパンを様々な料理に応用するかで選び方も変わってきます。

深型の鍋として使えるフライパンもありますし、仕切りがあって2つの料理を同時に作れるフライパンや玉子焼き用のフライパンなどもあります。

それから料理は毎日することも多いので、お手入れのしやすさなども選ぶ時のポイントになります。

フライパンの素材と種類について

「材質によって異なる特徴」

鉄製のフライパンは耐久性に優れており、長く使い続けられるのが大きな魅力です。

熱伝導率も良いので、短時間で美味しく仕上げることができます。プロの料理人が使うこともあり、本格的な料理を楽しみたい人に向いています。

ただし、重さがあるので腕が疲れたり、錆びないようにメンテナンスを行う必要もあります。熱伝導率が優れたフライパンにはアルミ製もあります。

軽いので使いやすく、家庭で使われることも多い材質です。フライパンを振ることが多いパスタ料理などにも向いています。

フッ素樹脂加工が施されていることが多く、焦げにくくこびりつかないというメリットもあります。そのため洗う時も簡単なので、お手入れがしやすいのも魅力です。

フッ素樹脂加工のデメリットとしては、使っているうちにコーティングが剥がれていくことです。キズにも弱いので、耐久性は若干劣っています。

 

フライパン使い勝手の良いサイズについて

一番、使い勝手の良いサイズは、24cmから26cm程度になります。

炒め物を作る際などもフライパンを振りやすいですし、色々な料理に使えるので1つ持っているととても重宝します。

1人分の料理にも使えますし、2~3人分を調理するのにも適しています。それより小さい14cmから20cm程度の小型のフライパンは、1人暮らしの人や少量をささっと調理したい時に適したサイズになります。

朝食に1人分の目玉焼きを作ったり、お弁当用のウインナーを焼くといった時に役立ちます。副菜を調理するのにも便利に活用できます。

そのためフライパンを使い分けたい時におすすめです。フライパンは1つだけにしたいという時は、もう少し大きいものを選ぶ方が良さそうです。

また、4人家族や食べる量が多いといった場合には、28cm以上のサイズを選ぶ方が使い勝手は良くなるのでおすすめです。

最近人気の油を使わないフライパンが気になる方は、以下の記事が参考になるのでチェックしてみてください。

参考サイト:ルール フライパンの口コミを30代主婦が告白!※実際に使った感想は?

 

フライパンは調理に役立つ機能について

仕切りが設けられているフライパンは、同時に複数の料理を作ることができるので便利です。

忙しい朝には、朝食とお弁当を同時進行で作りたいということもあるのではないでしょうか。

仕切りがあれば味が混ざらないので、違うメニューを一緒に作ることができます。

魚焼きグリルとして使えるフライパンなどもあります。

さんまなど大きな魚も丸ごと焼けるので、料理のバリエーションが広がります。魚焼きグリルは網などもあるので掃除するのが面倒ですが、フライパンであればお手入れが簡単です。

それから深型のフライパンは鍋として使えるので、煮込み料理をする際にも活用できます。パスタを茹でる時にも吹きこぼれないので、とても重宝します。

深さがあると炒め物などでも周囲に飛び散りにくいですし、茶わん蒸しなど蒸し料理にも活用することができます。